酵素ってなに?カラダに必要な酵素の働きについて » 酵素ってどんな種類があるの? » 食物酵素(体外酵素)の働き

食物酵素(体外酵素)の働き

体内酵素の活性を高める食物酵素について解説し、食物酵素の働きについて紹介します。

食物酵素(体外酵素)とは?

生命を維持するために必要な酵素を大きく分けると体内酵素と体外酵素にわけられます。体内酵素は人間や動物の体内で生成される酵素で消化酵素と代謝酵素があり、これに対して食物など体の外から摂取する食物酵素のことを体外酵素といいます。

人間の体内には3,000種以上の酵素が存在するといわれていますが、体内で酵素を生成する能力には個人差があり、一生のうちに生成される酵素の量は1人ひとり決まっています。現代人は食生活の乱れ、食品添加物、飲酒、喫煙、ストレス、睡眠不足など大量に酵素が使われるような生活を送っているので体内の酵素は常に不足している状態になり、様々な病気の原因となっています。

そんな体内酵素不足は食物酵素(体外酵素)によって補うことができます。消化をサポートする食物酵素を摂取することで体内の消化酵素の消費抑制ができ、代謝酵素も正常に働くことができます。食物酵素はパイナップル、バナナ、パパイヤ、リンゴ、キウイなどの果物、大根、アボカド、ニンジン、セロリ、レタスなどの野菜、納豆、味噌、麹、漬物、甘酒などの発酵食品、海藻、肉、魚などに含まれています。

食物酵素の働き

食物酵素には体内酵素と同じく消化をサポートする消化酵素と代謝をサポートする代謝酵素があります。食物酵素を含んでいる食べ物を摂取することで体内の消化酵素の消費が減り、代謝酵素も活性化し体調も改善します。食物酵素を摂取することで期待できる効果には便秘解消、血液サラサラ効果、新陳代謝促進、デトックス、美肌効果などがあります。

新鮮な果物や生野菜、納豆や味噌などの発酵食品には特にたくさんの食物酵素が含まれていますので、焼き魚に大根おろしをそえるなど加熱された食品と食物酵素の含まれた食品を一緒に食べると食物酵素が消化を助けてくれて更に効果的です。

ただ酵素は熱に弱く48度の加熱で効果が半分になり70度で活動しなくなってしまい温度が低いところでも効果が減少してしまいます。食物から酵素を摂取するには生で食べたりジュースにしたりする必要があります。また酵素は酸化にも弱いため果物や野菜を切ったり、すりおろしたりして食べる場合は時間を置かずにすぐ食べるようにしなければなりません。

生きたまま酵素は、低温処理によって酵素活性の働きを期待できる状態にしたものを指します。食べ物以外で補う場合は、加工方法などを確認しておくとよいでしょう。

   

注目!!

    効果的に酵素を摂る賢い方法 効果的に酵素を摂る賢い方法

食事からだけでは
難しい、生きたまま酵素の摂取

カラダに不足した生きたまま酵素を普段の食事からすべて摂取することは困難ですが、酵素活性を維持した酵素加工食品であれば、無理なく生きたまま酵素を取り込むことができます。